カロリーコントロールで体重を落として痩せる

カロリーコントロールで体重を落として痩せる

日頃から体重を意識して、摂取カロリーと消費カロリーを調整すれば痩せることが可能です。

 

使うカロリーが、食事などで補給するカロリーより多ければ、徐々に体重は痩せるでしょう。

 

食べ物からたくさんカロリーを摂取して使われずに余ったカロリーはそのまま脂肪として体内のお腹、腰、太ももあたりに蓄えられます。

 

もしも、体重を減らしたいと思ったならば、摂取するカロリーを少なくすることで痩せることが可能です。カロリーコントロールをするためには、

 

使うカロリーと、体内に取り入れるカロリーを、意識的に制御する必要があります。痩せるには、

 

体内に貯め込まれている脂肪をエネルギー源として使う必要があります。手っとり早い方法は、摂取カロリー以上に、

 

運動のためにカロリーを使うことです。人は、1日の活動に、何もしない状態でも1200kcalを消費しなければ生きていけないといいます。

 

体を動かさずとも消費するエネルギー量のことを、基礎代謝といいます。基礎代謝も含めた1日の目標消費カロリーは目標体重×30で算出することができます。

 

この数字を目安にカロリーコントロールをしていくことで、段々と体重を減らすことが可能です。健康や、美肌に配慮しながら痩せるには、

 

運動による消費カロリーの増加が大事です。痩せるためには、1日に摂取するカロリーと、使うカロリーとのバランスを考えながら、調整をして体重を減らすことです。